スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)

 □京都造形芸術大教授 竹村真一さん

 ■工業製品のように生産される「食」 生命の時間をもう一度、取り戻そう。

 −−近年、宇宙開発が進んだことで、われわれは逆に「地球を知った」と…

 竹村 宇宙を遠くまで見ることができるようになって、その結果、地球という星がどれほどありがたい星であるかを知ることができた。ありがたいというのは「ありがとう」という意味と、なかなかない(貴重な星)という意味です。液体の水で満ちあふれた星なんて、めったにない。

 水で満ちあふれていることで温度変化が和らげられ、非常に安定し、生命の繁殖に好都合な条件が整えられている。アメリカのゴア元副大統領は「不都合な真実」という本を書きましたけれど、実は地球というのは「好都合な真実」に満ちあふれた星なんです。

 −−地球のよさを再確認させられますね

 竹村 しかも、宇宙の中では例外的に美しい星です。もし本当に宇宙人がいて、地球へ来たとしたら「長い旅をして、いろんな色の星を見てきたけれど、こんなに美しくて多様性を持った星はなかなかない」と、間違いなく驚くと思います。僕らは「宇宙人の視点から地球に驚く」という感性を持てるはずの世代なんですよ。

 −−その思いが、デジタル地球儀「触れる地球」の開発につながったのですね

 竹村 「触れる地球」を作った背景には、「地球は危うくなっている」とか「僕らの暮らしは地球とこんなにどっぷりかかわっている。グローバルに考える必要がある」ということを伝える目的もありますが、もっと根本には、宇宙時代の視点で、地球の価値をもう一度みんなで発見しようと。地球の価値を理屈じゃなく感じられるような、美しい地球を再現したものをすべての小学校に置きたい、ということで努力しているわけです。

 −−一方で、食の問題についても問題提起しておられますね

 竹村 「食」という字は「人を良くする」と書くんですよね。けれど今、人を良くする形になっているかというと、いろんな意味で疑問があります。ヒナから5週間ぐらいで育てられたブロイラーや、促成栽培の野菜など、生命が本来持っているリズムを無視して、工業製品のようにスピード生産されている。僕らはもう一度、生命の時間ということを、食べる中で取り戻す必要が出てきているんじゃないかと思います。

 −−食の形を見直すと…

 竹村 身の回りでも、例えばスーパーで並んでいる魚といえば、遠洋で獲れたマグロとか、ノルウェー産のサーモンとか、実は限られた種類しかない。野菜や果物、お米や豆の種類も画一的になってきている。生物の多様性と、種の絶滅が問題になっていますが、全世界がそういう画一的な種類に偏ると、病害虫や気候変動で一気にやられてしまい、安全保障という意味でも非常に危うい状況になります。

 −−スローフードなど、食についてもいろんなことを考える必要がありますね

 竹村 なるべく珍しい野菜とか、聞いたことのないような名前の魚を食べることが大事だと思います。そういう中に、地域の固有種の野菜などでおいしいものは多いんですよ。大事なのは、楽しみながら自然を回復する、食べながら守るということです。なるべく手を付けずに自然保護を図るのではなく、たくさんの種類の食べ物を作り、食べていいんです。

 −−環境問題といっても、堅苦しく考える必要はないわけですね

 竹村 楽しみながら取り組む、ということが大切ですね。=おわり(聞き手 溝上健良)

                  ◇ 

 次回はDJ・タレントの谷口キヨコさんです。

首相動静(6月12日)(時事通信)
新たな仕組みの抗カビ物質=医薬品開発へ応用期待―理研など(時事通信)
党内反発で?安住氏翻意「小沢氏の考え方踏襲」(読売新聞)
ザ・コーヴ 出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
<点字>大阪でシンポジウム開催(毎日新聞)

4歳男児、指を遊具のチェーンに挟んで切断(読売新聞)

 6日午後0時40分頃、北海道三笠市幌内町2の三笠鉄道記念館で、ペダルをこぐ遊具で遊んでいた男児(4)が右手の指を遊具のチェーンに挟んだ。

 男児は小指と薬指の先を切断、病院に搬送されて手当てを受けている。

 三笠署によると、遊具は2人が並んで自転車をこぎ、軌道上を走るもので、男児は父親と遊具に乗っていた。男児はペダルとタイヤを連動するチェーンに指を挟んだらしく同署で、詳しく調べている。

 遊具は10年ほど前に設置され、保護者が付き添って利用するよう看板を掲示しているという。

被告に2000万円賠償命令 東京・足立の女性殺害(産経新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
キャスチングボート確保、民主分裂狙う みんな・渡辺氏(産経新聞)
関空補給金 支給決定 75億円、凍結を解除(産経新聞)
【小鳩退場】「次の首相いない」「国民の恥」(産経新聞)

灯籠「いる」「いらない」…もめる善光寺参道(読売新聞)

 2007年から長野市中心部で市民団体が進めている灯籠(とうろう)の復元事業で、最後に残った4基の灯籠の建立が宙に浮いたままになっている。

 「ぜひ48基すべてを建立したい」という市民団体に対し、善光寺に近い同市大門町上地区の住民は「整備された景観があり、灯籠はいらない」と主張。議論は平行線をたどっている。

 復元作業は、地元商店主らで作る「善光寺表参道に灯籠を復元建立する会」(会長=加藤久雄・長野商工会議所会頭)が、約5200万円の寄付を集め、JR長野駅から善光寺に続く表参道(中央通り)の両脇に、計48基の木製灯籠(高さ約3・5メートル)を建立するもの。同会は、灯籠がすべて建立された時点で、市に寄付するとしている。

 同会によると、昭和30年代までは表参道に灯籠が並んでいたという。長野県や市、商工会議所などの協力も得て、昨年3月までに44基の灯籠を建立した。

 しかし、残る4基の設置予定地の大門町上地区は計画当初から反対を表明。同地区は、大正・昭和期に建設された旅館や商店が立ち並び、独特の景観を保っている。米国人デザイナーの設計による景観整備を行ったり、石灯籠を設置したりして、建設省(当時)の都市景観大賞(1998年)を受賞したこともあり、地元住民の間からは「誇れる場所だからそのまま生かしてほしい」「立派な石灯籠よりランクの低い灯籠はいらない」などの意見が出ているという。

 同地区を含む大門町区の藤井弘区長らが、同会と10回以上話し合っているが、議論は平行線のまま。藤井区長は「灯籠計画自体には賛同しているが、善光寺の前庭のイメージで完成した街のバランスが崩れるので、建立は遠慮してほしい」と話す。

 一方、加藤会長は「48基には、『善光寺阿弥陀如来様の四十八願』(一切衆生を救うために発した48の誓願)にちなんだという意味があり、すべて建立しないと意味がない。灯籠がつながることで、街も一体化する」と譲らない。

 同会は9月頃まで大門町上地区との話し合いを続けた上で、進展が無い場合は、地元区長の同意書の無いまま、灯籠設置に必要な道路占有許可申請書を市に提出し、市に判断をゆだねる方針だ。

<老齢加算廃止>2審も「合憲」判断 東京高裁(毎日新聞)
原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)
法定金利の74倍で貸し付け ヤミ金業者5人逮捕(産経新聞)
◆PINS FACTORY(ピンズファクトリー)◆あなたの町のピンズ実例紹介【山梨県】財団法人キープ協会 様 「ポール・ラッシュ祭ピンズ」 株式会社デザインアンドデベロップメント
首相、29日から訪韓 北問題で中韓と協議(産経新聞)

鳩山首相の「悪評」シャツのレプリカを香港で発売(産経新聞)

 鳩山由紀夫社首相が4月に総理官邸で開いた会合でのファッションが国際的な話題を呼んでいる。首相のファッションセンスの良さではなく、その逆で、「あまりにもひどい」と悪評紛々なのだ。ところが、香港のシャツメーカーが悪評を逆手にとって、500ドル(約4万5000円)でレプリカを売り出すなど、変なところで注目を浴びている。

[フォト]米CNNテレビに皮肉られた鳩山由紀夫首相のシャツ

 ことの発端は、今年4月4日、農家や食品製造、飲食業、料理研究家、学生など「食と農」の関係者9人を招いて総理官邸で行われた「リアル鳩カフェ」での首相のファッション。

 首相がこの日、着用していた赤や青、黄色のチャック柄のシャツについて、米CNNが「低い支持率を回復する助けにならない」と指摘して、首相のファッション感覚を皮肉った。

 このシャツを着た首相の写真が通信社などで世界各国に伝えられると、欧米メディアは「大失敗のファッション」「パッチワーク」などと報道。さらに、首相が愛用していると伝えられ、このシャツの製造元とみられるイタリア南部の高級シャツブランド、G・イングレーゼのアンジェロ・イングレーゼ社長が14日、同国紙に「絶対、わが社の製品ではない」としたうえで「最悪だ」と酷評した。 

 ところが、このような報道が関心を集めたのか、香港のシャツのオーダーメイド製造会社が26日、このシャツのレプリカを製造し、500ドルで売り出した。悪評を逆手にとって、シャツを売り出すなどさすがに商魂たくましい香港メーカーらしいところだが、このところの鳩山政治の迷走ぶりをみると、政治センスも、ファッション感覚に比例するというところか。 

【関連記事】
新党改革、鳩山邦夫氏の長男を擁立へ
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」
哨戒艦事件は「捏造」 総連責任副議長が非難
素人同然の地元対策 「悪いようにはしません」
岡田監督が首相を表敬 相哀れむ?「崖っぷち指揮官」
虐待が子供に与える「傷」とは?

普天間「日米共同声明」28日に、移設先明記へ(読売新聞)
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
中山元外相、たちあがれから参院出馬(産経新聞)
支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」(J-CASTニュース)
仕分け第2弾後半戦スタート 空港駐車場「委託廃止も」(産経新聞)

長塚京三さんが盗難被害=ホテルで車上荒らしなど20台−東京(時事通信)

 俳優の長塚京三さん(64)が東京都港区のホテル駐車場で車上荒らしの被害に遭っていたことが12日、警視庁東京湾岸署への取材で分かった。長塚さんの車を含めて計20台が被害に遭っており、同署が窃盗事件として、防犯カメラの映像などを分析し、調べている。
 同署によると、先月30日午前2時25分から3時35分ごろにかけ、港区台場のホテル地下2階駐車場で、車19台の窓ガラスが割られ、中の現金などが盗まれ、さらに車1台が盗まれた。
 19台の中には長塚さんの車もあり、縫いぐるみなどが盗まれた。警備員が同8時5分ごろ、気付いて110番した。 

【関連ニュース】
コントラバス5台盗まれる=被害5300万円、弓19本も
貴金属1200万相当盗まれる=パート女性宅から
店の倉庫に50センチの穴=カーナビ37台盗まれる
消防車乗り逃げされる=10分後に発見、窃盗で捜査
向精神薬など5100錠盗難=薬局侵入し現金も

<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
<パロマ中毒事故>元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
女児の裸を団地でカメラ撮影、容疑の男逮捕(産経新聞)

橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)

 午前9時39分 登庁。兵庫県の井戸敏三知事らが大阪(伊丹)、関西国際、神戸の3空港一元管理を視野に神戸空港の民営化に言及したことに対し、「伊丹と関空が、神戸空港に影響されたくない。明確に切り離さないといけない。伊丹廃港に反対だったのだから、兵庫県と神戸市で頑張ってください」と報道陣に語る。

 10時 部長会議。

 11時半 知事室で報告を受けるなどする。

 午後3時 戦略本部会議。

 4時 知事室で執務。

 5時 水道部と打ち合わせ。

 6時15分 退庁。

【関連記事】
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」
橋下府知事、ビール瓶ケースの上で街頭演説
橋下府知事、民主党本部へ入るも小沢氏との会談はキャンセルに
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」
少子化を止めろ!

<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
知人のトルコ人を誤認逮捕=強制わいせつ事件−宮城県警(時事通信)
高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)

野菜価格を緊急調査=農水省(時事通信)

 農林水産省は21日、低温や日照不足の影響で一部の野菜の生育が遅れ、卸売価格が高騰していることから、全国のスーパー計470店でレタスなど主要7品目の小売価格を緊急調査すると発表した。今週から価格が落ち着くまで毎週実施し、翌週結果を公表する。緊急調査は昨年の夏から秋にかけて実施して以来となる。
 調査するのはレタス、キャベツ、ナス、ネギ、キュウリ、トマト、ジャガイモ。同省が先週実施した月1回の通常調査では、レタスが平年に比べ44%高の569円、キャベツが20%高の232円、ナスが22%高の649円(いずれも1キロ当たりの全国平均)などとなった。 

【関連ニュース】
大手スーパーを視察=野菜価格高騰で
仕分け対象の独立行政法人と事業
農家に早めの出荷要請=野菜値上がりで農水省
野菜や果物の価格指数=日農新聞
魚介カレー、人気上昇中=イカ丸ごと、専用ルーも

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
<有料老人ホーム>「頭取り」廃止へ 静岡の運営会社(毎日新聞)
村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
舛添新党の名称、「新党改革」に(時事通信)
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに−「お金持ちが判決」・鹿児島(時事通信)

1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)

 政府は16日、中国青海省地震の被災者支援のため、1億円を上限とする緊急無償資金協力を実施する方針を決めた。医療分野での支援に活用される。

 平野博文官房長官は同日午前の記者会見で、中国側から15日夜に支援要請があったことを明らかにした。

【関連記事】
中国、日本の援助隊派遣を断る 「外国の援助は受けない」
廃虚の中で男児出産 周囲から大きな拍手 中国地震
中国青海省地震 国際救援で被害最小化を
温家宝首相、被災地入り 中国地震
中国の余震600回超す うち4回はM4.0以上
外国人地方参政権問題に一石

「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)
がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)
<大阪弁護士会>高校生にも法教育 府内270校で出前授業(毎日新聞)
雑記帳 龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

<深大寺そば>無断でJASマーク 製粉会社など書類送検(毎日新聞)

 無断でJAS(日本農林規格)マークを付けた「深大寺そば」を販売したとして、警視庁生活経済課は14日、製粉会社「島田製粉」(東京都三鷹市)の島田信隆社長(69)と法人としての同社をJAS法違反容疑で東京地検立川支部に書類送検した。

 送検容疑は、09年3月9日ごろ、JASの認証を受けていないのに、JASマークを付けた干しそば278箱(計83.4キロ)を調布市内のそば店に約9万円で販売したとしている。島田社長は「15年前から不正使用していた」と容疑を認めているという。

 また、そば粉を3割しか使用していないのに、原材料名欄には、そば粉、小麦粉の順に記載していた。同課によると、15年間でそば店13店舗にそばを販売し、約1億1000万円を売り上げていたとみられる。

 島田社長は09年5月、毎日新聞の取材に対し、「深大寺そばのブランドを傷つけてしまい申し訳ない。そば店の皆様にも迷惑をかけた」と謝罪。一方で、「製めんは埼玉の業者に委託していた。きちんと粉を調合し、JASの届け出をしていると思っていた」と説明していた。【町田徳丈】

船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発(時事通信)
鳥取不審死、上田美由紀被告を8回目逮捕(読売新聞)

<長谷川等伯展>京都でも10日開幕(毎日新聞)

 安土桃山時代に活躍した長谷川等伯の画業を振り返る「没後400年 特別展覧会『長谷川等伯』」(毎日新聞社など主催)の開会式が9日、会場の京都国立博物館(京都市東山区)であった。10日に開幕し、5月9日まで(5月3日を除き月曜休館)。

 佐々木丞平館長、伊藤芳明・毎日新聞大阪本社代表らがテープカット。内覧会では、約1600人の招待客らが日本の水墨画の最高峰とされる国宝「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」など代表作約80点を堪能した。

 入館時間は午前9時半〜午後5時半(金曜は同7時半まで)。観覧料は一般1400円、大高生900円、中小生500円。【野宮珠里】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」
長谷川等伯展:来場者が20万人を突破 東京国立博物館
発信箱:短くも濃密な時代=玉木研二(論説室)
長谷川等伯展:東京国立博物館で開幕 3月22日まで
長谷川等伯:特別展23日開幕 東京国立博物館で

<詐欺容疑>神奈川県元職員2人逮捕 4千万円を私的流用(毎日新聞)
AppleとGoogleの戦いは「第3次世界大戦」――関係者語る
<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
新党旗揚げ「悪い話でない」=首相(時事通信)
改正貸金業法 健全な借り手への配慮を(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
パチンコ攻略
審査 甘い キャッシング
ショッピング枠現金化
オークス
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    リンデル (01/15)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    ポリエモン (12/21)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    パイン (12/13)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • 【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(5)(産経新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM